人気キャットフードを比較【うちのねこ達に聞いてみました】

キャットフードちょうだい

 

猫には年齢や体型に合ったキャットフードを与えることが大切です。
年齢や体型に合ったキャットフードを与えること健康に育ちます。

 

子猫は成猫よりも多くの栄養を必要としています。
育ち盛りの子猫にはタンパク質、ビタミン、ミネラルなどが必要です。
子猫用のキャットフードには、子猫に必要な栄養素が豊富に含まれています。
また、子猫にも食べやすい工夫がされています。
体が小さな子猫は添加物の影響がでやすいので、添加物が入っていないものを選びましょう。
高齢になると成猫よりも必要な栄養が少なくなります。
代謝が落ちてくるため、成猫と同じエサだと肥満になる可能性があるので、低脂肪、低カロリーなキャットフードを選びましょう。
高齢猫は食が細くなってきます。

 

シニア用キャットフードは高齢でも食べやすいように柔らかくなっていたり、ニオイで食欲を誘うなどの工夫がされています。

 

食べ過ぎれば猫も太ります。
運動をさせようと思っても、人間と違って思ったように運動をしてくれません。
カロリーをコントロールする肥満猫用のキャットフードもあります。
肥満は心臓病や糖尿病などのリスクを高めるので、食事のカロリーに気をつけて肥満を解消しましょう。
満腹感を与える成分を配合したキャットフードもあります。