人気のキャットフードは本当に安全?安心できるおすすめキャットフードは?

与えたくない原材料とは?【4Dミート】

キャットフードやドッグフードをネットで検索すると、4Dミートという言葉が出てきます。ペットを愛する人にとって、絶対に覚えておいて欲しいワードです。
こちらのサイトを参考にさせていただきました。
安全なキャットフードは無添加がいい?【口コミ比較ランキング本舗】

 

海外で実際にあったニュースで、「動物の死骸が含まれているドッグフードやキャットフードがある」という内容でした。信じがたいニュースですが、これが「4Dミート」と呼ばれる原材料です。
もとは海外で使われていた言葉ですが、ネットが普及した最近では、国内においても注目を浴び始まったワードです。国内で販売されているペットフードの原材料欄で肉副産物という表記になっています。

 

以下の4つの単語の頭文字のDを取って4Dと呼ばれます。

  • Dead(死骸・死んでしまった動物)
  • Diseased(病気がある動物)
  • Dying(死ぬ間際の動物)
  • Disabled(先天性の障害・致命的な怪我がある動物)

 

ひどいものは、道路等で車に轢かれたりして死んでしまった動物やウジが湧いているような腐った肉なども使用されている場合があるそうです。しかし、多くの場合は、動物の頭・骨・毛・蹄、人間の食用として使えない肉や内臓の部位などは、ゴミとして廃棄するにもコストがかかります。そういったものをキャットフードやドッグフードに加工すれば、経費削減になりますからね。粉末加工や練り物にすれば大丈夫。なんて、動物愛とはかけ離れた考えです。とてもひどい話ですが、実際に販売されているのも事実です。

 

特に禁止されておらず購入者も分からない危険なものが、病気の動物からとられた原材料です。食べてすぐに症状が出るというわけではなく、長期間摂り続け影響が出るので非常に判断が難しいものになります。安全性とはほと遠い原材料です。病気を持っていたり、悪臭やウジが湧いた肉を加工した食品、これがペットフードの現実です。少しでもコストを下げるための努力がこのような形だったとは考えられますか?

 

人用のお肉にはA5やB3などというランクというものがありますね。ペットフードに使われる肉は、人用の最低ランクよりさらに2ランク下がったランクの肉を使用しているとのことです。ペットは家族、という人には受け入れがたい現実ではないでしょうか?

 

4Dミート以外の摂取させたくない原材料

○○ミールと書かれているレンダリングという原料です。4Dミート同様、使用できない部分を加工、それを加熱処理し有益な脂肪分を抽出。最終的に脂質・タンパク質といった形でペットフードに使用されます。
飼い主に美味しそうに見せるためだけに使われている着色料、猫や犬の食欲増進のために使われる香料などの、合成添加物も与えたくはないですね。

 

ペットの方が人間より弱い生物です。人間によくないものであれば、ペットにもよくないのは当たり前です。
大切な家族のために、とても安いキャットフードやドッグフードは購入前に原材料を確認しましょう。といっても、原材料欄はあまりにも曖昧な言葉でしか書かれていません。安いもの全てがこのような原材料を使っているわけではありませんが、見ただけではわかりません。しっかりとした安全を宣言している、安心できるメーカーのペットフードを購入してください。

 

市販のキャットフードとプレミアムキャットフードの違い

  1. 原材料
  2. 市販のキャットフードは主に肉や野菜に穀物でかさ増しをしている物が多いといわれています。穀物は本来であれば、猫には不要なものです。その材料が多いということは、必要な成分である肉や野菜が不足してしまいます。ですがさまざまな味があるので、猫にとっては飽きが来にくいのではないでしょうか。
    プレミアムフードは穀物を使用してる割合が少なく、肉や野菜の成分が多く含まれています。そのため市販のものと比べると食べる量は同じでも摂取できる栄養素はこちらのほうが上です。会社によっては人間が食べられるほどの原材料を使用しているものもあります。

     

  3. 添加物
  4. 市販のキャットフードは風味を出し猫の食い付きを良くするために合成添加物や着色料を使用していることが多いです。原材料の割合が少ないほど、何かしらの添加物は多くなります。
    プレミアムフードは無添加なものが多く、市販ほど添加物の心配をする必要がありません。自然な色合いです。ですが、そのままの匂いなので、猫にとってはいい匂いですが人にとってはあまりいい匂いがしないかもしれません。

     

  5. 保存料
  6. 市販のキャットフードもプレミアムフードでも、ドライタイプであれば保存方法さえ気をつければ、保存期間はある程度長いです。しかし、保存期間が長すぎるキャットフードは、保存料が多く使われているのかも知れません。そういった部分では、保存料を使用していないと記述してあるキャットフードを選びたいですよね。プレミアムフードは基本的に保存料・添加物は不使用で安全に安心して与えられます。

     

  7. 値段
  8. プレミアムフードは市販のキャットフードに比べて、圧倒的に値段が高いです。1袋4000円近いものも販売されています。素材がいい、ブランドであるなどの要素があるので高くなってしまいますが、年単位で考えると結構な値段になってしまいます。1頭だけなら買ってもいいかな、と思う方が多いと思いますが、多頭飼いだと消費が早いので1匹よりもさらにお金がかかります。そういった面では、比較的リーズナブルに売られている市販のほうが、家計には安心ですね。市販のものが全て悪いわけではありません。その猫や飼い主にあったキャットフードを選ぶのもよいと思います。

     

  9. 種類
  10. 市販のものは、とにかく色んな味があります。チキン、お魚、ビーフ、野菜・・・・その中からまた細かく分かれていたりします。ドライフードだけでなくウェットフードも種類が豊富です。猫によっては好き嫌いはあるので、苦手なものは避けて選ぶことができますね。その分プレミアムフードは味が少なく、飽きてくる子もいるみたいです。しかし高いので美味しいのは確からしく、味に飽きたからと言って安いものにしても食べなくなる子もいるんだとか。猫だから魚が好き、というわけでもないので、お金が無駄にならないように慎重に選びたいですね。

 

 

 

ちょっとひとやすみ

更新履歴